目のクマを解消すればマイナス5歳肌!

エイジングケア人気ランキング

>> アンチエイジングケア 人気ランキングはこちら

目のクマを解消すればマイナス5歳肌!

顔の中で一番人に印象を与えるのは目です。
アイメイクによってがらりと印象が変わるので、一番メイクに手をかける部分なのではないでしょうか。

逆に、目元に老化のサインがあわられると、顔全体が老けて見られてしまいます。
目元の老化で一番気になるのは目の下のクマ。
目の下がどんよりとしているだけで5歳は老けて見えますよね。

このクマには「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の三種類あり、それぞれの原因と解消法が異なります。

青クマ

青クマは血行不良によって目の下が青く見える状態。
寝不足、疲労による一時的なものと、冷え性などの体質による慢性的なのがあります。
また、年をとると皮膚が薄くなるのでより一層目立ってしまいます。
解消法は血行を促進することです。
目元をやさしくマッサージしたりホットタオルで温めることで血流が促され青クマが目立たなくなります。
また、冷え症の方は、運動で筋力をアップさせることで改善します。

茶クマ

茶クマは色素沈着によるもの。
目をこする癖があったり、クレンジングの際に強い力でこすったりすると摩擦で色素沈着を起こします。
目の周りの皮膚は他と比べて薄いので、少しの刺激が影響を受けてしまうのです。
ダメージを受けた皮膚に紫外線を浴びることで茶クマがさらに濃くなってしまうこともあります。
解消法はとにかく皮膚に刺激を与えないこと。
アイメイク専用のクレンジングを使ったり、少ない力で落ちるクレンジングに切り替えて少しでも負担を少なくしましょう。
紫外線によるくすみを解消するには美白成分の入った化粧品を取り入れて、透明感をアップさせましょう。

黒クマ

黒クマは、ハリ不足によるたるみが原因。たるみによって影が生じ、黒く見えるのです。
目の大きな人は目の周りの負担が大きく、加齢に伴って目の下がたるみやすくなります。
解消法は目元のエイジングケア。
目元専用美容液などでハリを与え、たるみのないすっきりとした目元を目指しましょう。
また、目の周りの筋力アップもたるみ防止につながります。
上まぶたからではなく、下から閉じるようにして負荷を与えながら閉じると目の下の筋力を鍛えることができます。
目をぎゅっと閉じて大きく開く、と言うトレーニングも目の周りの筋肉を鍛えるのに効果的です。

▼ たるみに気づく前に、早めのエイジングケアを
アンチエイジングケア 人気ランキングはこちら

▲ ページ上部へ移動